スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日々雑考 消えてゆく仕事
2012年09月25日
DSC03367.jpg

 またまた、家を引っ越すことになりました。今回はちょっと長めに落ち着きたいので、思い切って超ど田舎で二束三文のように売られている、古い農園なんかを買ったらどうなるのだろうなどと妄想しています。制作する場所は沢山あるし同時に農家も出来るな・・・そうしたら日本の野菜を育てたい。特にカブ。大豆の畑を作って本当の日本の豆腐を作るのもいいし、馬かラバを飼えばその辺の野原を乗り放題だ。しかし、自称シティボーイの「わし」としては、田舎でのんきな隠居生活をするにはまだまだ修行が足りていない気もする。

 農業といえば、今日ニュースを見ていたら「今後消えつつある職業」と、「伸びる職業」というのについて特集されていた。肝心の農業について全く触れていなかったですが、それを抜きにしてもやっぱり労働市場も、仕事自体も変化がどんどん起きるのだなあーと思ってみていました。記事によると、消えつつある職業として; 郵便職員、事務職員、電話セールス・訪問セールス、工場の組み立て工(但し 高度な技能を持つ管理職や専門職は常に必要)、これから伸びる職種として; データ分析・管理、研究開発職および管理職、医療補助職員コンピューター・プログラマーとネットワーク管理者、となっていた。取り上げられている職業が少なくとても限定的なのが気になるけど、これを書いたのは欧州の雇用斡旋会社の人らしいので、もしかしたらそこで一般的に関心が高い・応募総数の比較的多い職業を中心にとりあげているのかもしれない。それにしても「消えつつある職業 ・ 郵便職員」て、なんとももの悲しい響きが漂いませんか?なんか、「郵便職員」っていうフレーズだけで既に、日当たりの良い坂道を赤い郵便局のスクーターで、何かいいことが書いてある手紙をのせて走っていそうな感じがするので、かれらがいなくなったら寂しいと思う。でもそれを言ったら昔夕刻になると聞いていたあの、侘びのある豆腐やのラッパの音だっていつの間にか聞かなくなったものな。出前のお豆腐やなんて、職業進化論的にはもう絶滅危惧種なのではないだろうか。

 となるとやっぱり「芸術家」とか「アーティスト」という職業はどうなるかという点も気になってくる。異論はたくさんあると思うけど、個人的な意見ではこれも消えつつある職業だと思う。もちろん、ある一定の人々というのは常に大衆に必要とされるだろうから、職業自体が完全になくなるのはまだまだ先だろう。でも、これからの100年とか200年を見越して考えると美術家とそうでない人の間にある、美術表現に至るまでに重要な表現、道具、材料、技術、それから思考法の機密性というか境目みたいなものが完全に解かれて、だれでもやってみたいことが簡単に出来る!表現出来る!という事にもっともっとなると思う。例えば「こんなものを作りたいな」ってコンピュータ上に走り書きをしただけで、モノによっては数時間くらいで立体の作品が出来て目の前にあるなんて事も今はほぼ可能になっていたりする。それらを補助するCADとか3Dプリンタとか、未知のソフトウェアなどそういったものがどんどん一般に広がっていっている。すると未来の世界において芸術家やアーティストのみが成し得る仕事ってどういうものだろう?という疑問が発生すると思います。ここの所、皆さんはどう思われますか?自分は個人的にそういうもの事は無くなるか、あっても他の分野と深く連携した存在になっていると思う。そしてそれらが果たして「純芸術」と呼べるような物であるかどうかは、まだ誰にも分からない。

 大昔、人々は誰でもアーティストになりえた時代があったと思う(生きていくうえで時に必要だったため)。おもに中世や前近代あたりで美術家はアスリートと同じく、特に優れた肉体的・精神的な資質がなければなれなかった時代もあった。今、単純に人々が足りない能力を気軽にテクノロジーに委託できる時代になって、「個体として優れている」ということの強みは以前と比べてと薄らいできたんではないだろうか。現代のコンテンポラリーアート作品などは特に、人と人の交流をより密接にさせる・人となんらかの事の関係性に注目させるような目的を持ったものがとても多いと感じているけど、つまるところ、アートはアートの原始的・根源的役割である「コミュニケーションを助ける」「関係をオーガナイズする」それから「新しい手法を紹介する」という、単純な所にもどってきて居るのではないだろうか。そしてこの傾向はこれから長期に亘って続いてゆくと思う。などなどここらへんの事情から、自分は芸術家とかアーティストという職業はいずれ消えていくんではないかなと思っています。つまり、芸術は永遠だけど、芸術家は永遠ではない。
スポンサーサイト
かすし、ひさしぶり!
しみっちです!
ブログ良いね!
2012.09.29 08:17 | URL | しみず | 編集

おーしみっちー!
カラオケいきたくね?(笑)
最近宮入に電話しようと思ってた所だよ^^
2012.09.30 10:14 | URL | 「わし」 | 編集

おーカラオケ行こう!
平井堅唄ってよ!笑
2012.10.01 15:34 | URL | しみず | 編集

じゃあ、しみっちはリンダリンダで! 笑
というか宮入のメール読んだんだけど、おめでとう!
2012.10.03 06:43 | URL | 「わし」 | 編集

ありがとね!
10年前にこうなるとは思わなかったよ。
GMAILするわ!
2012.10.05 01:41 | URL | しみず | 編集

  管理者にだけ公開する


© 2011 YURIKA K.K. All Rights Reserved

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。