スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野外活動 駐車場につもった雪
2013年01月23日
photo (1)

 ここの所気温がぜろ度よりあがらない日々になり、逆に「わし」のテンションがあがってきています。うちの外の気温計はマイナス9度から11度のあたりをうろうろしている。ちなみに、「わし」の元居た北部の街シラキュースは今マイナス21度で、住民のみなさんどうかお達者で~!という気持ちです。現時点でモスクワより寒いし・・・、あの、なぜか知らないけど愉快な気分にすらなってくる寒さ、はじまると一週間以上続く吹雪、なぜか真横に進む車・・・、思い出すなあ。寒いと生命を保つためになんかしないといけないという気持ちになり、それがなんというか「やる気」につながっていく気がします。

 夜中に目を覚まして外を見たら細雪というか、空気中の水分が結晶してゆっくり積もっていく状態になっていた。外に出たら凍った空気が光っていて、この綺麗な情景を占有した気になってうきうきしました。歩くと足の下で何億という結晶が砕ける音がした。この瞬間を詩人みたいにかっこよく表現したいところだったけど、生憎言葉が見つからなかった。表現をする人としては落第ですな。
スポンサーサイト
  管理者にだけ公開する


© 2011 YURIKA K.K. All Rights Reserved

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。