スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日々雑事 みらいのくるま
2013年05月10日
tesla.jpg

 うちのお風呂に穴が開いて水が漏れてしまうので、友達のうちへお風呂を借りに行った。友達の家は街の中心部に聳え立つ巨大な円筒形の高層ビルの80階にある。実際尋ねるのは初めてだったその家の壁や床はとても珍しい金属で出来ており、よく見ると微細な碁盤の目のように規則正しい亀裂の走っているその表面は、見たことの無いメタリックピンクの光沢をもっていた。壁は同じピンクの金属の上にレジンの層があり、そこへどこからか絶え間なく数字が投影されていた。点滅する0から9までのその数字が何を意味するのかは分からなかった。

 暗く暖かい部屋へ通され円形の湯船につかると、向かいの明るい高層ビルの人々がよく見えた。ある階では、お母さんが小さな女の子にお話しを話してやっていた。別の階では、年寄りの夫婦が言い争いをしていた。ふとした気配に振り向くと、同じバスタブの中に3人の女の人がつかっていた。湯船に浮かぶ泡をかき寄せながら、中の一人が「あなたの幽霊を見に来たの」と言った。何のことかと思いながら自分の横を見ると、口に骨の小片を咥えた大きな灰色のボルゾイのような犬がいきなり現れ、お湯の中で自分の隣に座った。骨はよく燃されたあとの人間の骨によく似ていた。

 自分は急にうすら怖くなり、どうして自分におばけなんか憑くのか、三人に教えてもらおうとした。「北の空に光っている星を見たからね」と、中の一人がまた教えてくれた。「星を追いかけたら、色々な人や、色々なものが犠牲になるのを知っていたのに、あなたが星をまだ追いかけたので、踏み拉かれたもの達が今はあなたを追いかけている」と言った。その時自分は湯船から飛び出して床に倒れてしまった。そして、お風呂の水で湿ったそのピンク色の金属の床を視界の端に見ながら、幼稚園くらいまで毎日遊んでくれた向かいの自転車やが工具を洗うのに使っていた、ピンクの粉石鹸の色を思い出していた。あの石鹸はグリスをよく落とすけど、磨き粉が入ってるから、何にでも使えるわけではなかったのだ。ある日その自転車やの奥さんにかりんとうをもらって帰ったら、他所様に食べ物をもらうとは卑しいと、母親にこっぴどくぶたれたことまで思いだしていた。

tesla2.jpg

 ・・・なんていう全く変ちきりんで妙にSFがかった夢を電気自動車「TESLA」の展示室へ行った夜に見たのでした。

 テスラはアメリカではちょっとかっこ良さ目の、ヤンエグ(死語?)層をターゲットに入れた完全電気自動車で、最近DC市内に大きなショールームが出来たりしています。このモデルではスピードは160マイル(大体260キロくらい)でリミットされているけど、実はそれ以上出るらしい。ガソリンで走る車と違って、主要な動力装置は「バッテリー」「モーター」「ギヤーボックス」「インバーター」の4つしかないので、一度量産体制が整えば、普通の車よりずっと安価で作られ得ると考えられています。本来エンジンがある筈のボンネットの中が空っぽの物入れになっているのを見て「わし」は、「あー車の新しい時代が本当に始まっているんだな」と、ぼんやりと未来に思いを馳せました。あれよあれよという間に小さくなっていった携帯電話を見た時とちょっと似た感覚でもあった。

 どこで読んだか忘れたけど、人は、生活の中で何か決定的な概念などの転換点に遭遇すると、反射的に拒否反応を示して、予測される変化のうちネガティブな要素をより強く感知するそうです。それは、今まで生き延びてこられた環境をなるべく継続させることで、予測不能な未来における個体の生存率を上げるための動物の生理的な防衛反応だそうです。展示室ででんきのくるまいいなーっと、ポジティブだった自分も、心の奥底では「世の中、こういう車だらけになったら一体どうなるんだろう(あまり見当もつかない)」と、未来の交通事情に不安を抱いていたんだろうか?それがそれが今朝のような、ちょっと怖い夢につながったんだろうか?

 でも、こういうことがあると「自分もまだまだサルの一種だな」と少し愉快な気分になります。
スポンサーサイト
また面白い日記を見つけてしまった。。。

夢の話だったのですか。文学小説に見えましたよ。

「ネガティブな要素をより強く感知するそう」

図星付かれました。

私、理由は支離滅裂極まりないので割愛させていただきますが、「こんな車が増えたら、きっと殺人事件が増える」

って思ってしまった。(笑)



2013.05.14 22:48 | URL | ぢゃっく | 編集


 ぢゃっくさん (^。^)

 そうなのです・・・夢のお話しでした。今読み返すと結構あほくさいのですが、夢の中では本気で怖がっていました(笑)

 殺人事件ですか!電気自動車は走る時静かですからね~うしろからこっそり行ってドーンとか、撥ねるまで気付かれないかもしれませんね。トランク2つあるから積める簀巻きも2倍量ですね (゜益゜)

 しかし車に限らず、世の中でなんかが変わるとき、必ず先に悪い部分に目が行くっていうのは、意識して気をつけないといかんな~っていつも思っています。変化に対して臆病になってしまうので・・・。
2013.05.16 03:48 | URL | 「 わし 」 | 編集

  管理者にだけ公開する


© 2011 YURIKA K.K. All Rights Reserved

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。