スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野外活動 秋の光
2013年10月25日
IMGP4632.jpg

 外は秋の光がこんこんと降り注いでいます。この頃の太陽のピンクっぽい灰色っぽい光の中に居ると、なにかを思い出せそうな気がしてきます。高木の葉っぱは一斉に色んな色になって、それがいよいよ土に還る前になって急に思い出したように自己主張している人々みたいであり、おかしいような、かわいそうなような変な気分にさせられます。風から枯れ草と冷たい地下水の匂いがします。ひと夏の間賑やかな様子を見せてくれていたシマリスや昆虫達も皆いなくなりました。

IMGP4634.jpg

 秋は一年の中で、穏やかで美しい終わりの時です。植物の多くが痛みなき死を迎えていきます。冬がくる前に、自然の中にある色んな生命体の、抜け殻、子供の出来たあとの部分、末端、使ってない器官、そういうところが徐々に栄養の供給を絶たれ、勝手に乾いて、そのうちぽろっと取れる。自然は「終わりにする事」をよく分かっていると思います。だから理想の終末は、自然に手本を求めたいと多くの人が思うんでしょう。
スポンサーサイト
終わらせ方は、次の始め方でもあるからことに大切だね。日々風やら光やらに多くの事を感じている「わし」を想像しこっちまで豊かな気持ちを貰えます(^^)

東京もようやくイチョウが所どころ金色に染まりつつあるよ。(年々遅くなってるような)
2013.11.21 22:59 | URL | かおる | 編集


 かおるど~ん。元気?

 終わらせ方は次の始め方かア・・・。サイエンス的にもなんか分かるなーその感じ。
 宇宙の確率ていう観点で見ると、友達や家族とのめぐり合わせってかなりすごいと感じる。それを思うと友達皆に感謝の気持ちがわいてくる。

 昨日ちょうどうちのおっかあと話していてさ、東京はまだ柿売ってないって本当?場所にもよるのかな。今年は北半球は寒くなると言われてただけにようわからんね(笑)。
2013.11.23 01:11 | URL | 「わし」 | 編集

  管理者にだけ公開する


© 2011 YURIKA K.K. All Rights Reserved

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。