スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日々雑考 春がきて
2014年04月22日
IMGP4748.jpg

 緯度的には日本の東北に位置する我が家ですが、遅い春がここにもやってきた!

 と、思ったら一瞬で過ぎ去っていっています。桜など、申し合わせたように週末の数日間だけドワッと咲いて、ほなさいならって感じで、散っていきました。そしてそんな桜や、春の野の花や目覚めてきたかわいい虫たちをもっと眺めたい、この命沸き立つ季節を楽しみたい、そんな人間(自分)は季節の転換と共に現れた種々の野暮用にすっかりと追われ、このブログにも下書きばかりがたまっていきます(いつも、一度書いて、数日後推敲してからアップしているのです)。

IMGP4747.jpgしり

 スケッチ練もかねたイラスト制作は進んでいますが、いちおう完成という形までもってこられたのは今月まだ4枚だけ。デジタル描画は手がかからないという人がいますが、自分は賛同しません。ペンと紙が、モニターとペンタブに変わっただけで、デジタル画が軽んじられるのはちょっと違うと思っています。という、くだらないが重要であり個人的にもっと掘り下げたい愚痴はさておいて、1ヵ月に4枚しか出来ないということは、年末までに40枚、けっこう厳しいんじゃあ・・・。と、ちょっと悲観的になっています。なにはともあれ、ぶつができれば、展示させてくれるという場所は見つけてあるので、来年以降はそういった方向性でも少し展開をはかりたいと願っています。

 しかし1ヶ月で4枚か・・・。今更ながら絵描きの友人たちの凄さを再確認した。
 彼ら、習作も含めれば1ヶ月で40枚くらい描けそうである。絵画は肉体労働だ。

IMGP4744.jpg

 写真は今日撮ったもので、窓の外で一生懸命働いているクマバチ達。彼らのおかげで、この木は秋にりんごを実らすことができ、それをシマリスが食べることができます(去年の記事参照)。果実は一日にして生らず!そんな地味で当たり前のことを、せっせせっせとわき目もふらずにやり、いつしか死んでいく生き物達に尊敬の念を覚えます。
スポンサーサイト
夏になると わが家に足長蜂がやってくる
おとなしい性格とはいえ やっぱり怖い
でも なんだか家の中まで探検していく
一つしかない地球 ここからここまでは私のもの
決めたのは守るのは人間だけ 当たり前
貴方のことを出て行けとか 来るな とか 言いたくない
でもでも どうしたらいいの と悩む夏・・・
わし さん 人も含めて生き物ってすごいよね
神秘だよね 尊敬だよね

 
2014.04.22 13:16 | URL | ちび鳩 | 編集


 ちび鳩さん コメントありがとうございます
 (返事が遅くなってすみません)

 生き物はすばらしいですね!特に最近、春が来て強くそう思います。ココ最近は全てが輝いて見えて、まさしく神秘ですね。

 しかし、野生の生き物との共存は難しいのも事実です。

 特に刺すかもわからない、ハチのような虫だと、自分自身はよくても、家族やペットのことを考えると、なんとかしなくてはいけない時もありますよね。

 「わし」も、野生の爬虫類を探しによく雑木林へ行きますが、林と、民家の間ではいつも様々な問題がおきているのを目の当たりにします。この事については、折に触れてこのブログでも掘り下げられたらと思っています。
2014.04.30 10:55 | URL | 「わし」 | 編集

  管理者にだけ公開する


© 2011 YURIKA K.K. All Rights Reserved

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。