スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳥類観察 道のはとさん
2010年09月01日
hatosanwhitehouse.png

 ワシントンに住むようになってから、いろんなところでこの都市のおもしろい姿が垣間見える。ここでは平たい土地がたくさんあるので建造物は、なんでもかんでも上に積み上げなくてもよい。建物はただ平たく建てれば良い。だからなのか、首都にも関わらず全くごみごみした感じがない。建物の見た目にもルールがあるのか、公の機関が多い場所では殆どの建物が白亜っぽいきれいな石で出来ており、建築の形も似通っていて統一感がある。よしここにおおきい街をつくるぞっ と、一から計画されたような整端正な顔立ちの街である。入り組んだアリ塚のような都市東京出身の自分から見るとちょっと物足りないような気もする。

 ワシントンにはスラムがあり、危ないもの・汚いもの・貧しいものは全てそこに押し込めれています。人間は分別されて暮らしているようです。だからたまに白々しい雰囲気がするのだろうか?

Untitled4

 とりあえず、ミスターオバマが会議をしている隣で鳩が日光浴したりしています。

スポンサーサイト
  管理者にだけ公開する


© 2011 YURIKA K.K. All Rights Reserved

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。