スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳥類観察 D.C.桜祭にて
2010年04月06日
IMGP1448.jpg

 アメリカはワシントンD.C.のチェリーブロッサム・フェスティバルに来ています。天気もよく、満開の桜!数十年前にこの桜を作った園芸農家の方たち、この木をアメリカに送るために尽力した方たちのことを思うとすごいなあーと思います。殆どがソメイヨシノと思われる親しみのある桜ですが、たまに変り種もいて人々が思い思いに写真を撮ったりして遊んでいます。人生であと何回桜見られるのかな~とか漠然と思うのも春だからなのでしょうか。

IMGP1435.jpg
車で国防総省のある側から中心部に渡る

IMGP1441.jpg
川はこのような感じ 桜がないところは殺風景で汚い

 川沿いにぐるーっと歩いて歩道が続いてるとこを道なりに行きます

IMGP1453.jpg
カナダガン

 実はこんなに間近でガンを見たのが初めてでびっくりした!上野公園のカモと同じ感じでぱんくずをねだっているガン。近くで見ると大きいなあ~。ここでは普通に見られる野鳥の一種なので誰もはしゃいではいない。あたりまえか。

IMGP1456.jpg
かわいい

IMGP1458.jpg

 気づいたことは、ワシントンDCは都市だけど緑が多く、空がとても広いということ。高層ビルはあまりなくて全てが横へ広がっている。こういう環境は鳥にとっては良いみたいで、空を見上げてたら今度は猛禽に出会えました。

IMGP1462.jpg
なんだあの鳥は!

Valture2.png
拡大します

 なんと野生のコンドル発見!! うおーーーーー!こんな都市部にも飛んでくるなんて知らなかったので興奮。普通の猛禽にしては大きめだけど、「わし」のイメージの中のコンドルよりは小さかったので家に帰ってから調べた結果、ヒメコンドルと分かりました。

IMGP1463.jpg
ターキーヴァルチャー(ヒメコンドル)

 ヴァルチャーというのは「ハゲワシ」という意味ですが、近年コンドルはワシ・タカ類ではない独立した種にすべきという説が支持を集めているそうで、じゃあ英語の名前は混乱を招くなあなんてなことを、おもいました

IMGP1465.jpg
とても暖かい日だったのでみんなひと涼み

IMGP1506.jpg
木の下にコマツグミがいました

 あ~コンドルがこんなに間近に見られて良かった。なんかツイてるなあ。感動を胸に帰路につく。
スポンサーサイト
  管理者にだけ公開する


© 2011 YURIKA K.K. All Rights Reserved

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。