スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日々雑事 雪がふってます
2010年11月01日
photo (1)

 先週NY州シラキュースに到着しました。D.C.から車で7時間半位だったかな…計算したら,800キロくらいの移動なので東京→北九州くらいの距離だとわかり、驚いた。ウィキペディアによるとここは北緯43度2分49秒・西経76度8分40秒(43.046899, -76.144423)に位置しているそうで、これは北海道の札幌と同じ緯度だということです。とても寒いです。今日外に出たら雪がちらちらしていた。

 これから3ヶ月宿泊するホテルは良いホテルなんですが、隣がホスピスで、はじめのころは夜なんとなく気になって寝付けない事が多かった。隣の建物の中には幾人もの死にゆく人々が居るんだと思うと、死の周波数みたいのが空気を通して伝わって来るような気がして、その人たちの事を思うとなかなか眠れなかった。

photo_20101101225902.jpg
なぜか知らないけど工事が多い

 今はこの新しい街で、危ない場所と安全な場所のチェックや、コーヒーやさんなど、どこにどんなものがあるのかタンサクしています。シラキュースで一番高級(?)な住宅街を通りましたが空き家が目立ち、8月のフロリダに続いてこの国の経済状態が悪いのを実感しました(経済といえば我が日本の外交問題も大変なことになっていますね。)

photo (2)
市街地の様子 歩いてる人は少ない(寒いから)

photo (3)
ちょっと街を出て走ると湖が広がっている。この道を走っていった先の郊外にカジノがあり、ハロウィンパーティーに招かれた

photo (4)
誰も居ない公園。ここでフリスビーとボール投げをして遊んだ

 総じて不活発な印象のある街だなあと思いました。とにかく歩いている人が殆ど居ない。だから走ると爽快です。

photo (6)
こそこそ

 余談 蛇のプーシキンも無事に長旅を乗り越えてホテルに絶賛潜伏中です!飼い主と同じく、しばらくは仮設住宅住まいになるので新たに木の小屋を買ってあげたんですが若干小さかったらしくあまり入らない。ペルー出身の蛇だけど、雪の降るところで人間と一緒に暖炉で暖まってるからなんか変だな(笑)。そういえば今回とまってる部屋には小さな暖炉がついててなんか嬉しいわしです。
スポンサーサイト
  管理者にだけ公開する


© 2011 YURIKA K.K. All Rights Reserved

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。