スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
制作日誌 paper on the ceiling
2011年07月05日
DSC00372.jpg

This is the old custom I do since I was child - This idea was coming from some book about life of a boxer ( guess it was Muhammad Ali's ). Funny, isn't it ?
Yesterday I decide to stuck this small paper on the ceiling in my bedroom again, and it's already giving some strange influence on me. I remember when I was small, I didn't think about this meaning really. The impression of this act was changed through the time.
This sad gray piece of paper in the dusty dark room affects me very much.

昨日寝室の天井に貼り付けた紙です。寝ると丁度顔の位置のへんにくるように貼ってあります。これはわしが小学校くらいの頃に読んだボクサーの伝記(モハメド・アリだったかな?)を読んでから始めた習慣で、マネしだした当時は何にも考えてませんでしたが、最近改めて見ると、この紙に対する印象がずいぶん変わったなと思いました。

DSC00368.jpg

This one, also reminds me the work Annete Message did sometime. She Wrote message 'hapy' on the wall with bleck fishing net (or something like that).
The word, and material mismatched completely and its atmosphere was absolutely sad.

これを見てたらアネット・メサジエさんが作った、壁に「hapy」と書いてある作品を思い出した。スポーツ用か、魚を獲る網
のような黒い素材で書かれたメッセージがかもし出す雰囲気が悲しく、印象に残っている。


スポンサーサイト
  管理者にだけ公開する


© 2011 YURIKA K.K. All Rights Reserved

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。